スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
第三帝国記 1944 後編
カテゴリ: Fighter Ace
初撃を受けて気づいた時には遅かった。
真後ろを振り返れば、キッチリと後方に付かれていた。
ぴったりと食いついてくるP47ライトニング。
周りを見渡せば、さらに2機の…合計4機の敵戦闘機に囲まれていた。

戦うべきか!?

生き残れる可能性は…!?

逃げられる可能性は…!?

必死に頭を回転させる…。
しかし、その時間をくれる様子はなさそうだ。
冷や汗がにじみ出る。
FA14.jpg
ガガン!!と鈍い金属音。
被弾した。
オイルが吹き出る。
左に横転。急旋回。
フラップも開く。

被弾状況から見て…まだ致命傷ではない。まだやれる。
何より…このまま狩られるのは面白くない…。
ずっと生き残ってきたのに、こんな無様な最期は…嫌だ。
FA15.jpg
重武装機だと油断していたのか、突然の急旋回に4機のP47がバラけた。
その隙にバラけた空間に紛れ込む。
相手のP47も、戦闘の分野は違うが重戦闘機。
重いだろう…。
ラダーペダルを踏み込み、グライダー方式の旋回横転を取りつつ回り込む。
速度計の針が大きく下がる。
いつ失速してもおかしくない…しかも劣勢。チャンスは一度…。
ジャイロ照準機に出遅れた二機編隊のP47…その1機を捉える。
FA16.jpg
ガンポッドに搭載された2門の30㎜機関砲が咆哮する。
連射速度遅く。
ドン…ドン…とテンポを刻むように砲弾が発射された。
攻撃力抜群の砲だが…命中しなければ意味がない。

放たれたうちの1発が主翼に命中。パッと火花が散ったが…。
致命傷になったかは分からない…。
そして失速。

機は横転しながら落ちていく。
そこを体勢を整えた別の1機が下方から狙い撃ちしようとしているのが見えた。
ラダーペダルを踏み込む。
FA17.jpg
高度計の針がグルグルと落ちていくまま、無理やり機首をねじ込んだ。
迫る敵機。P47の6門も搭載された12,7㎜の銃口が見える。

互いに機関砲、機銃を叩き込む。
10mもない位置からの、真正面からのヘッドオン。
愛機の風防が割れ、夕暮れの風が割り込んでくる。
敵機にも命中したのが見えたが…どうなったか見る余裕はない。

FA18.jpg
そのままグルグルと横転しながら落ちていく。
失速ブザーは鳴りっぱなしだ。

もうこのまま落ちてしまってもいいのではないだろうか…。
そんな考えが頭を過ぎる。

休む間もなく、降りては再び迎撃に飛んで…。
昔からいた友人も、一人、また一人と姿を消して…。
私も少し休んでも良いだろうか…。
少し…疲れたよ…。


あの頃は、あんなに空は青かったのに。
今は焼け焦げた絹の匂いと、煙で濁った空しか見えない。
同じ欧州の空なのに、こんなに違うだなんて。
スポンサーサイト
Edit / 2008.10.21 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
プロフィール
ヘタレ絵描きデス。

いがらんぼー

Author:いがらんぼー
三度の飯より煙草が好きな駄目人間。
気分はいつでも末期戦。

連絡先はこちら。
igaranboo☆gmail.com
『☆』を『@』に直してください。
何かご意見、ご要望等、管理人に御用がございましたらお気軽にどうぞ。

田代カウンター
リアルタイム田代カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。